クラミジアに感染するとHIVへの感染率も高くなる

感染率上昇 クラミジアに感染していると、HIVへの感染率も高くなります。
クラミジアでは、性器周辺に炎症が起こりやすく、炎症が起きている部分には、小さな傷が数多くあるものです。
炎症が進んで潰瘍になっている場合は、さらに皮膚のバリア機能が失われている状態となります。
HIVは、もともと感染率の非常に低いウィルスです。
健康な皮膚からはほとんど感染しませんが、粘膜からは感染しやすく、粘膜に炎症があれば感染確率は3倍から5倍になるとされます。
潰瘍があった場合は、50倍から300倍とも言われています。

避妊をしない性交で、HIVに感染する確率はおよそ1%程度であるとされているものの、クラミジアにかかっていて、性器周辺に炎症が起きていたり、潰瘍があったりしたら、感染率は跳ね上がります。
HIVが、傷口から侵入しやすくなるからです。
たとえ1%の確率であろうと、命に関わる性病であるHIVにかかるのを防ぐためには、避妊なしの性交はおこなうべきではありません。
HIVにかかったら、一生治療を続けなければならなくなります。
治療をしなければ、確実に死に至ります。

HIVは、血液や精液、膣分泌液によって感染します。
唾液にもHIVは含まれてはいますが、濃度が低いために、唾液からうつることはありません。
また、血液や精液、膣分泌液に触れても、正常な皮膚であればうつりません。
しかし、粘膜になると感染する危険があるため、性行為での避妊は欠かせないものとなります。
クラミジアにかかっている場合は、その粘膜に傷がついている可能性が非常に高いわけですから、避妊なしの性交は危険です。

HIV感染者は年々増えており、かなりの数となっています。
しかし、自身で感染に気づいていない場合が多く、誰がHIVにかかっているかというのは、本人にすらわからないことです。
避妊なしの性交は、危険な賭けをしているようなものとなります。
HIVにかかって治療をしないでいれば、致死率は依然100%です。

HIVが重複感染してしまう理由や原因は?

HIVは、他の性病と重複感染する可能性が非常に高い性感染症です。
重複感染する確率が高いのは、HIVが、他の性病に比べて感染力が格段に弱いウィルスだからです。
性病にかかる状況は共通しており、安全な性交をせずにいれば、クラミジアなどの、かかりやすい性病にはたいていすぐ罹患します。
つまり、HIVに感染する頃には、既に他の性病にかかっている可能性が高いということになります。
罹患したときには、ほぼ誰もが既に重複感染者となっている、ということです。

HIV感染者は多くが重複感染者であることから、うつされた側も、たいてい重複感染してしまいます。
重複感染者は性器周辺に炎症や潰瘍があることが多く、性交時にそこから出血しやすい状況です。
ウィルスは血液と精液、膣分泌液に含まれていますが、血液での濃度が最も高くなっています。
血液に次いで濃度が高いのが、精液です。
膣分泌液は精液よりも濃度が低く、そのため、女性のほうが、よりかかりやすくなっています。

女性はその後に出産をするとしたら、出産時に新生児にうつさないよう、相当気をつけることになります。
出産時に新生児を守る方法は確立していますが、100%とは言えません。
結局、うつらないように気をつけることが第一です。
クラミジアは確かに致命的な性病ではありませんが、放置すべきでないのは、こうした理由からです。
自身の命も失いかねない、新生児にもうつしかねない恐ろしい性病にかかる可能性を高めないために、早めに治療することが望まれます。

治療は2週間程度で済む場合が多いです。
完治もできます。
他の性病との重複感染を防ぐために、いち早く治しておきたいものです。
クラミジアにしかかかっていなかったとしたら、それは幸運なことです。