クラミジアの症状と放置した場合にどうなるか

鼻を摘まむ女性 クラミジア菌に感染すると排尿痛やおりものの増加、悪臭など症状が見られます。
女性の場合は子宮頸管炎や子宮内膜炎の骨盤内炎症性疾患を発症することもあります。
最悪の場合は不妊症になる恐れもあります。
また、クラミジアに感染していると出血などを伴うことが多く、免疫力も下がるため他の性感染症やHIVに感染するリスクが飛躍的に高くなります。

性器だけの感染ではなくオーラルセックスにより咽頭に感染する場合もあります。
咽頭の場合は特に症状がわかりにくく、風邪と間違うことが多くあります。
オーラルセックスでは咽頭から性器に感染することもあるため、性交をしていないのに感染することもあります。
このような感染の場合、自覚することは難しく放置してしまうことがほとんどです。
不特定の相手と関係を持つ場合やそのようなおそれがあるパートナーとの性交の後には注意が必要です。

このようにクラミジアに感染しても症状が出ないため放置することがあります。
放置していても自然治癒で症状が治まることもありますが、放置することで症状が悪化する場合があります。

男性の場合は、尿道が女性と比べて長いため尿道炎になることが多く排尿痛を感じることがあります。
放置していると進行して膀胱炎にこともあります。
その場合でも排尿痛になることがあります。
女性は排尿痛を感じることは少ないですが、おりものが増加することやおりものの臭いがきつくなることで症状を確認することができます。

感染をしている場合、初期症状として男性は尿道から透明な膿が出ることがあります。
女性の場合は、おりものの量が変わることがあります。
これらの症状も男性なら半数、女性の場合はほとんどが確認されません。
無症状のことが多いため放置してしまう人が多くなります。
女性は不妊症につながるため早めの治療が必要です。
放置は感染部位を体の奥へ進行させていきます。
奥へ行くほど治療は難しくなり、症状も重篤になります。

クラミジアの感染において女性は特に注意!

クラミジアに感染しても無症状の場合があります、男性の場合は5割が、女性の場合は8割が無症状のままと言われています。
症状がないため放置してしまうことが多く、重症化することもあります。
特に女性は注意が必要です。

女性の場合は尿道が短いため、進行して膀胱に至る恐れが男性よりも高くなります。
膀胱炎になると排尿痛などが起こります。
また子宮に進行する恐れもあります。
膣から子宮頚管、子宮内膜、卵管、骨盤腹膜と奥に進んでいきます。
進行して奥に行くほど治療はむずかしくなります。
感染した場合、その部位に炎症が起こり高熱が出たり、激しい痛みに苦しんだりすることになります。
こうなると入院の必要があります。

奥まで進行した時に発症の恐れがある骨盤内炎症性疾患としては、急性腹膜炎、子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎や骨盤腹膜炎などです。
そのほかにも肝周囲炎や卵巣炎などを引き起こす恐れもあります。
そのため、子宮外妊娠になって不妊症になる事もあります。
また、妊婦の時だと産道に感染することによって新生児が結膜炎や肺炎を発症する恐れもあります。
また最悪の場合には絨毛膜羊膜炎になって流産や早産を引き起こす恐れもあります。

骨盤内炎症性疾患には部位によってさまざまな症状があります。
子宮頸管炎は子宮の入り口が炎症を起こすものです。
子宮頸管炎になると異常なおりものが見られるようになります。
子宮内膜炎は子宮の内膜に炎症を起こす疾患です。
子宮内膜炎になると発熱や下腹部、腰などの痛み、排尿の痛み、不正出血やおりものの増加、不妊症などが見られます。
卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎も同じように痛みを伴います。
子宮頸管炎や子宮内膜炎などの骨盤内炎症性疾患を治療するにはクラミジア菌の殺菌が必要です。
骨盤内炎症性疾患は部位が奥になるため、効き目が弱いことがあります。
不妊症になる前に早めの治療が必要です。