クラミジア治療薬のジスロマックの紹介

アメリカ クラミジアの治療薬として知られているジスロマックは、アメリカに本社を置く製薬会社が製造販売を行っている薬です。
ジスロマックにはいくつか種類があって、錠剤には250mgと600mgがあり、細粒小児用10%やカプセル小児用100mg、SR成人用ドライシロップ2g、点滴静注用などがあります。

服用方法は成人と子供、薬の成分量とクラミジアの状態によって違っていますが、成人が250mg錠を処方された場合の用量は、一般的に1日に1回2錠を3日間服用が必要になります。
ジスロマックのドライシロップが一番簡単な服用方法となっていて、1回飲むだけの手軽さです。

治療薬の用量は十分に守ることが大切で、少なく飲んでしまえば効果が期待できなくなってしまいますし、多すぎると副作用の懸念が出てきます。
副作用として、胃腸に影響が出やすく胃痛や吐き気または下痢など軽度なものが多くなります。
体質に合わない、過剰に摂取した、併用禁忌薬を服用してしまった場合には重度の副作用が出ることもあって、アナフィラキシーや肝機能障害、けいれんや腎不全、口の中がただれたり皮膚に発疹が出ることもあります。
心疾患、肝臓や腎臓の機能低下がある人は服用に慎重になる必要があるので、医師に申告しましょう。

アレルギーが出やすい人は注意が必要で、初めに服用した時に異常がなくても次に飲んだ時に強く影響を受けることがあるため、常に用心するべきです。
ほかの病気の治療中で、処方されている薬があるなら医師に伝えるようにします。
併用禁忌薬として一部の免疫抑制剤や抗血栓薬、強心薬などがあります。
胃腸薬と飲むことで成分の吸収率が下がることもわかっているので、一緒に飲まないようにするべきです。

用量を守らなければならないのは安全に治療を行うためで、勝手に自分の判断で服用方法を変えることは望ましくありません。
効果が得られていないように感じたのであれば、まずは医師に相談をすることが大切です。

ジスロマックが1回の服用で済む理由について

ドライシロップタイプのジスロマックであれば1回の服用だけで済むのは、効果がとても持続性があるものだからです。
普通の薬は成分の持続性により、1日に3回飲まなければならなかったり、少なくても1日1錠は飲む必要性があるものが多い中、1回飲めば7日間は持続性があるため、飲み忘れを心配する必要がなくクラミジアの治療に取り組めます。
正しい服用方法をしていれば1回で済む用量の薬もあるのですから、クラミジアに悩んでいる人は治療薬を処方してもらい完治を目指しましょう。

忙しい人や忘れやすい人などは、錠剤ではなく服用方法の手軽なドライシロップタイプを処方してもらえるよう、医師に相談してみるとよいでしょう。
ほかの錠剤なども用量を守れば効果に差はほとんどありません。
錠剤でもドライシロップであっても、副作用や併用禁忌薬に注意しながら使わなければならないのは一緒です。
持続性が強いものほど、より一層用量や併用禁忌薬に意識を向ける必要があります。

7日経過したらもう一度クリニックを受診して、クラミジアの治療薬がもう必要ない状態に回復しているか診断を受けるようにすべきです。
錠剤などの場合も、処方された分を飲み終えたら診てもらいに行きます。
持続服用が必要になった場合、体に副作用が出ていないか調べてもらったほうが安心です。

通販を利用するとクラミジアの治療薬を処方箋がなくても入手が可能で、ジスロマックのドライシロップタイプなども買い求めることができます。
しかし、薬の効果や併用禁忌薬についての注意を直接受けることができないため、初めて服用を考えている人は一度医師の診断を受けて、クラミジアの治療薬としてジスロマックを服用してもよいか確認したほうが良いでしょう。