主なクラミジアの感染原因

20代の女性 男女間の性行為による感染症には、色々な原因があります。
きちんとした正しい治療を行わないとより重症化して完治までに時間や費用が掛かるだけでなく性行為のパートナーだけでなくそれ以外の同居する家族や友人にも感染させる恐れがあります。
感染したら早めの治療は大事ですが、感染しないように普段から気をつけたり必要な対策をとるように心がけることはとても重要なことです。

性行為による感染症は梅毒や淋病と言ったものが一般に知られていますが、最近ではクラミジアに感染する若者が増えてきています。
特に若い女性へのクラミジアの感染は深刻で10代の後半から20代の前半に多く見られます。
このような若い世代は性行為に抵抗感が少なく、また病気に対するリスクもあまり気にしないことが考えられます。

クラミジアは細菌に由来する感染症で保菌者の粘膜を通じて感染します。
粘膜同士の接触や体液が粘膜に接触するなどして移りますので、予防法方としてはコンドームなどの避妊具をつけることが非常にコストパフォーマンスの良い対策法です。
安全日だからとか、面倒臭いなどといった理由で避妊具なしで行う性行為はクラミジアに感染するリスクを高めるだけです。

もし、何かしらの違和感や具体的な状態があらわれたらすぐに治療することが重要です。
風邪などとは違って自然に完治することはありませんので正しい処方と治療が重要です。
どこで感染したかも重要ではありますが早く直すことが最も重要です。

決まったパートナーがいる場合ですと同時に治療するようにしましょう。
一方が完治しても性行為の相手が治療していないと再び自分に戻ってきてしまいます。
お互いにきちんと直すことをしないと何時までたってもなおうことはありません。

性行為は自分だけよければよいものではありません。
相手を思いやる気持ちがとても重要です。
お互いに何かの異常を感じたら隠さずに相談することによって原因を見つけて対策を立てることが出来ます。

クラミジアは性行為以外で感染することはある?

クラミジアは感染力はとても強く50%とも言われていますがその一方で細菌自体の生命力はあまり強くはありません。
そのため人間の粘膜などの細胞などの中で無いと生存できませんので増殖もしません。

感染の原因としては人間同士の直接の接触以外ではなかなかおこりえません。
クラミジアの菌は人体の外に出るとすぐに死滅するので、トイレやお風呂場と言ったところで保菌者の粘膜から出た体液や唾液に触れても、それが原因で発症する危険はありません。

但し、粘膜同士ですとたやすく感染する恐れがありますので、キスや性器を舐めたりすることで保菌者の唾液の中のクラミジアが相手に移ることがあります。
長時間にわたる唾液交換を伴うようなキスや互いの性器を擦ることが原因で移ることもありますので注意が必要です。

風俗店などの不特定多数の人と接触する可能性のある所はもちろん可能性がありますので出入りすることは高いリスクを負うことになります。
性行為の無いシステムだとしても口などを使ったプレイでも移ることがあります。
満員電車や人ごみに行ったら手を洗ったり、うがいをするなどの予防も効果がもてます。
きちんとしたうがいをすることで、菌を体外に出すことが出来ますのでこまめなうがいは特にお勧めです。

その他にも、クラミジアの保菌者と同じものを食べることでも唾液が相手の体内に取り入れられることがあります。
自分がもし、保菌者との疑いがある場合には食べ物や飲み物の回し飲みも遠慮した方が良さそうです。
知らず知らずに相手に感染させてしまうこともありますので色々と注意が必要です。
唾液はくしゃみや咳などでも飛び散りますのでマスクなどの装備をすることも考えましょう。