代表的な性病の簡単な紹介

性病について紹介している医師 性感染症及び性病は意外と身近な感染症でありながら話題にすることが難しい内容ですが、一般的に感染する可能性が高めの性病について知っておくことは大事なことです。
代表的な性病には、淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・膣トリコモナス・膣カンジダ・梅毒などがあります。

淋病
正式には淋病感染症とも呼ばれる淋病は、淋菌を病原菌として発症する性感染症です。
患者数は10代後半から30代に多く見られ、女性よりも男性の方が症状が出やすいとされています。
性別によって感染部位が異なり、男性は尿道、女性は子宮頸管に感染する傾向にあります。
場合によっては直腸・咽頭・眼にも感染することがあり、口内感染した時には赤みが通常よりも増します。
性器ヘルペス
性器ヘルペスは性感染症というよりはウイルス感染症で、病原菌は単純ヘルペスウイルスです。
口唇に症状を現すタイプと下半身に症状を現すタイプがあり、性器ヘルペスの場合は一度感染すると神経節に留まるため免疫力が低下すると再発しやすいことが明らかになっています。
症状は赤いブツブツ・水ぶくれ・潰瘍といった皮膚症状が目立ち、痒みや痛みも伴います。
尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウイルスを病原菌とする尖圭コンジローマには良性と悪性が存在し、感染原因は性行為の他に公衆浴場の可能性もあります。
1ヶ月から2ヶ月の潜伏期間を経て、感染部位にイボができます。
イボは痛みを感じないので気付かれにくく、悪化して鶏のトサカやカリフラワーのような形状になった頃に初めて尖圭コンジローマの存在が気付かれるケースが多いようです。
膣トリコモナス
トリコモナスという0.1ミリほどの原虫によって引き起こされるのが膣トリコモナスで、熱いと感じるほどの痒み・ただれ・排尿痛があります。
膣カンジダ
カンジダ菌が原因の膣カンジダですが、カンジダ菌は常在菌です。
そのため、疲労やストレスによって心身的な不調があると発症しやすく、再発しやすい特徴があります。
おりものの異変や痒みなどの不快症状が起こります。
梅毒
病原菌はトレポネーマで、感染経路は皮膚や粘膜上の傷です。
感染からの期間で症状が変化し、始めは無痛のしこりができます。
その後リンパ節が腫れ、あざ・ブツブツ・しこりが生じます。

特に女性にかかりやすい性病はどれ?

代表的な性病の内、女性がかかりやすい性病は性器ヘルペス・膣トリコモナス・膣カンジダです。
トリコモナスとカンジダに関しては男性も感染しますが、ここで言うトリコモナスとカンジダには膣と付いているので女性がかかりやすい性病であることを察した方もいるかと思います。

性器ヘルペス
病原菌が常在菌であるため、免疫力の低下によって性行為などの感染経路となることがなくても発症することがあります。
免疫力が正常値に戻ることで自然と治ることもありますが、基本的には治療薬が用いられます。
治ったとしても常在菌として存在しているので、菌への抵抗力が弱くなると再び発症します。
重症化すると神経麻痺が起きる可能性があるため、ブツブツ・水ぶくれ・潰瘍と痒みや痛みといった異変を感じたら早めに見てもらうと良いでしょう。
膣トリコモナス
男性が感染した時は自覚症状が薄いとされますが、女性が感染した場合はおりもの量の増加や臭いなどの異変が見られます。
性行為が感染原因のこともありますが、お風呂やトイレが感染原因になっていた事例も確認されています。
膣カンジダ
カンジダ菌は真菌(カビ)の一種であるため、性器部分が蒸れやすい構造をしている女性の方が発症しやすいと言われています。
おりもの量が増えやすい時期は発症しやすく、排卵期後やピル服用時は性器内の糖分量が変化するために菌にとって好条件な環境となります。
男性から女性に感染することが多いとされ、ストレス・疲労・生活習慣の乱れによって免疫力が低下している時は感染する確率が上がります。

上記以外の尖圭コンジローマ・淋病・梅毒も、かかりやすいとは言われていませんが感染する恐れは考えられます。
この中で最も警戒されるのは梅毒で、治療薬が開発されるまで梅毒は恐ろしい性病でした。
原因は菌が粘膜や皮膚にある小さな傷から侵入して感染するケースが多いことから感染経路として性交渉が挙げられます。
しかし、お風呂やトイレでも感染する可能性がある性病もあるため、公衆のトイレでは除菌を行うことが勧められています。