保健所で行なうクラミジア検査について

長生きする菌 クラミジアとは、性感染症の一種です。
女性への感染が認められるケースが多く、女性にしか感染しないものと思われがちですが、クラミジアは男性、女性双方が感染する病気です。
クラミジアを引き起こす菌はほかの病気と同様、生物の体の外では長く生きることができませんが、逆に言えば、生物の体内なら長生きできるうえ、感染力も高いのです。

あまり名前を聞かない病気ですが、それはクラミジアの危険度が低いことを意味するわけではありません。
保健所での検査を受けて、自分の体が本当に大丈夫か調べてみることは、とても重要です。
とくにクラミジアは感染力が高く、通常の性交渉だけでなく、粘膜同士の接触でも感染する可能性があります。

保健所で受けるかどうかにかかわらず、男性の場合も女性の場合も、菌の反応を調べるための材料が異なるのみで、大方の検査方法は同一です。
男性は性器と排尿器官が同一なので尿検査を行います。
女性は、子宮へ繋がる独立した器官にクラミジアが感染するため、子宮頸管や膣壁の粘膜の分泌物などを検査に使用します。

保健所で行われる検査は、菌に対応した抗体と、被験者から採取した検査材料を反応させ、そのあとに酵素で標識した抗体を結合させることで、菌が存在するかどうかを調べる検査や、菌の持つ核酸を増幅させる処置を施し、菌の有無を確認する検査などがあります。
これらの検査のデメリットとしては、結果が出るまでの期間が、菌の状態によって左右されてしまう点です。

また、クラミジアは口を通して感染することもあるため、うがいによる検査も行うことがあります。
咽頭の粘膜を直接採取する方法もありましたが、この方法は被験者への負担が大きく、また検査自体の正確性も、後述の方法ほど高くないなど、デメリットが目立つ方法です。
最近の主流は生理食塩水でうがいをして、それを材料にする方法です。
感染力が強いクラミジアですが、陰性か陽性かを調べて、もし陽性ならしかるべき処置を施すことで、大事に至ることなく治すことが可能です。

保健所で行なうクラミジア検査のメリットとデメリット

保健所で行うクラミジア検査の最大のメリットは、何よりも失敗が少ない点です。
市販のキットを用いて自力で行おうとしても、途中のキットの扱いが間違っていたりすると、正しい結果を得られなくなってしまいます。
それに対して保健所の場合は、そうした作業を行うことに慣れている方が正しい手順で行ってくれるため、失敗が少なく、無駄な時間を過ごすということが少なくなります。
加えて、クラミジアは性器と口内粘膜、二か所に感染することがあるため、それら両方を調べるとなると、自力で行うよりも保健所に依頼するほうが楽です。

また、保健所は国家機関であるため、これらにかかるコストの一部を負担してくれます。
消耗品である様々な道具は、けっして安くはありません。
経済的な余裕がない場合は、保健所で行うことで負担を大きく減らすことが可能です。

しかし保健所にもデメリットがあります。
最も大きいデメリットしては、すべての保健所がこの検査を行っているわけではない点です。
平成二十七年度のアンケート調査では、クラミジアの検査を行っている保健所はわずか三割ほどに留まりました。

また、どんな時でも受診できる訳ではなく、スケジュール上の制約が数多く存在します。
また、自治体内に大量に存在しているわけではない保健所に依頼するとなると、ばったり知人と会ってしまう可能性も否定できません。
とくにこういった病気では、大きなデメリットとなってしまいます。

総括すると、保健所でクラミジアの検査を受信するメリットは、失敗することが少なく、また複数箇所を調べることができて、経済的な負担も小さいということです。
保健所を利用するデメリットとしては、スケジュール上の制約が多い事と、もしも知人に会ってしまった場合、とても気まずくなってしまう可能性があることです。
知人と会う可能性などを気にしない方や、自分で行えるか不安な人には、保健所で行うことがおすすめできます。