性病に共通する予防方法と定期検査について

病院の検査 性病の検査を病院などで定期的に受けている、という方は、実はそれほど多くないかもしれません。
というのも、自分は予防しているから大丈夫だと思っている方や、不特定多数の人と性行為をしているわけじゃなく、彼氏や彼女としかしていないから心配がないと思っている方が多いからです。

しかし、性病はかかっていても自分では気がつかないものもあり、自分のパートナーがかかっていても自覚していない場合があります。
不特定多数の人と性行為をしていなくても、また、一回しか性行為をしたことがなくても、性病にかかるリスクは十分にあります。
自分は予防しているから病院で検査を受けなくてもいいや、と思っている場合でも、その予防法が本当に正しいものでなければ、効果は期待できません。

例えば、コンドームを使用することは、性病予防において基本的なことで、なおかつとても大切なことです。
コンドームを使用していれば、性感染症にかかる危険性はぐんと下がります。
コンドームの使用は、避妊だけではなく性病の予防という役割も果たすのです。
そのほかの予防法としては、性行為の前にシャワーを浴びることなどがあります。
シャワーを浴び、特に性器や肛門のまわりをシャワーを使って清潔にしておくことで、ばい菌やカビを洗い流します。

また、性行為のあとで排便、排尿をすることも効果があります。
もし相手が性病に感染していた場合、排便や排尿によって、尿道などに入り込んだ菌を外に出す役目を果たすからです。
排便や排尿だけで性病を防ぐことは難しいですが、リスクを少しでも減らすためにはしておいたほうがいいでしょう。
このように、性病を防ぐ方法は様々なものがあります。
しかし、これら全てをしっかりおこなっていても、それでも性感染症にかかってしまうことがあります。
不特定多数の人とではなく、特定のパートナーと、性行為の前にシャワーを浴び、コンドームを使用し、事後に排便、排尿をしていもなお、感染症になってしまう恐れはあるのです。

性病の定期検査を受けたほうが良い理由

自分やパートナーが性病にかかっていないかを知り、安心して性行為を行えるようにするには、病院に行き、定期的に検査を受けることが望ましいでしょう。
前述したように、性感染症の中には、かかっていても自分では気付かないものも多いからです。
そのうえ、コンドームを使用し、シャワーを浴びたり事後の排尿、排便などを徹底していても、性病にかかってしまうことがあるからです。

そして、かかったまま気がつかない状態で長期間過ごしたままでいると、悪化していき、日常生活に支障をきたすことがあります。
ひどいときには命に関わる場合もあります。
早期に発見できれば、それだけ完全に治せる可能性は高まります。

ですので、病院に行き、検査をしてもらうことは大切なことです。
不特定多数の人と性行為をしていない、という場合でも、一年に一回、最低でも2年に一回は病院で検査をしてもらうようにしましょう。
不特定多数の人とでなく、特定のパートナーとしか性行為をしていなくても、性感染症のリスクは等しくあります。
病院で検査してもらう場合、どの種類の性感染症の調査をできるかは、病院ごとによって違います。

しかし、しっかりと丁寧に、確実に検査してもらえるため、確実な結果を知ることができます。
また、キットなどを購入し、自分で検査をすることもできますが、その場合、結果の信用性はやや不確実です。
その点、病院で検査をしてもらえば、間違いのない結果を知ることができます。
病院では完全にプライバシーが守られているので、恥ずかしがらずに受診してみることをおすすめします。
もし感染していた場合でも、医者の指導に従い、病院に定期的に通い、適切な治療を受けることができます。