病院で行なうクラミジア検査について

病院の検査 性病というのを知っていますか。性行為を通じて発症する病気全般を指します。
有名なエイズなども性病の一つです。
ただし、日本で最も感染者数が多いのはクラミジアです。100万人以上の方がクラミジアに感染しているのです。
とはいえ、最初のうちは特に変化に乏しく、痛みを伴うわけでもないので気づかないままにパートナーにうつしてしまうことも多いです。
それゆえにこれほどの感染者数となっているのでしょう。

性病は放っておいても治る病気ではありません。クラミジアも同じです。
最初は気づかなくても、そのうち、女性は不正出血や性交の際の下腹部の痛みが出ることもあり、悪化すると子宮頚管炎・子宮内膜炎を起こし不妊につながる場合もあります。
男性も排尿痛や性器のかゆみなどが出てきます。
悪化する前に、ちょっとした変化を感じたら早めに検査した方がよいでしょう。

クラミジアは、特に10代後半から20代の感染者が多い病気です。
その年代と言うとまだ結婚していない方が大半です。
パートナーから感染し、その後そのパートナーと別れて違う相手と付き合うようになったら新しいパートナーに気づかないままに移してしまうこともあるでしょう。
普通のセックスはもちろん、アナルセックスやオーラルセックスなどあらゆる性行為によってクラミジアトラコマティスという病原体は感染します。

恐ろしいことに、もしも感染している場合にはエイズウイルスへの感染力が3倍から5倍にもアップしてしまうのです。
そうなると死の危険性さえ出てきてしまいます。
性病だからと言って性器にのみ出てくるわけではありません。
オーラルセックスを行なった場合にはのどへの感染だってあります。
のどに腫れや痛みがある場合には疑ってかかったほうがよいでしょう。

クラミジア検査の方法はさまざまあります。
その中でも手っ取り早いのは病院での検査方法でしょう。
予約さえすればいつでも診てもらえます。
わざわざ検査キットをお取り寄せする手間はいりません。

病院で行なうクラミジア検査のメリットとデメリット

病院での検査という方法だととにかく恥ずかしいというのがデメリットです。
性行為をしたことによる代償ですから、特に10代から20代というと抵抗があるはずです。
とはいえ、病院では多くの患者を診てきているのです。
事務的に処理されるだけです。
それに、もしもクラミジアにかかっていた場合には他の方法で検査した方も治療のために病院に行かなければならなくなるのです。
その手間が省けるのはメリットと言えるでしょう。

性病と言ってもさまざまなものがありますが、自身の状態を伝えてそれにピンポイントの方法を取ってもらえるのも病院ならではのメリットです。
わざわざ取寄せてもキットで調べることができるのはほんの一部です。
性病診療に慣れた医師であれば経験と知識から本当の病名を知ることができ、早く治療に取り掛かることができるはずです。
直接医師と相談することができ、検査から診療・更にはどんなことが必要なのかまで一貫して同じところで診てもらえるのはメリットです。
不安や疑問点も解消でき、治療に専念できるでしょう。

キットを取寄せるとなるとすべて自費で行なわなければなりません。
病院での検査も基本的には自費ですが、明らかに感染していると判断された場合には保険の適用が認められる場合もあります。
ただ、その点ではメリットと言えますが、検査費用以外に初診料や診察料もかかってくることは知っておきましょう。

最近では何でもネットの時代。
確かに匿名性は守られるでしょうが病院には病院の良さがあります。
それぞれのメリットデメリットを知った上で自分に合う方法を見つけ出しましょう。
性病は放っておいても治りません。
早期発見早期治療が大切です。
とにかく行動を起こすようにしましょう。